クロミッドジェネリックの通販最安値・個人輸入価格

販売価格 送料
オオサカ堂 1,572円 無料
ベストケンコー 2,280円 無料
メデマート 2,800円 1,000円
あんしん通販マート 3,120円 700円
薬の通販オンライン 3,880円 700円
アスケイン 4,300円 500円
ガルショップ 5,780円 1,000円

※為替レートなどによって販売価格は変更となることがあります。

オオサカ堂でクロミッドを購入するのが一番お得!

クロミッドジェネリック(クロメン)は「オオサカ堂」という通販サイトで購入するのが最もお買い得。1箱10錠を1,570円ほどで購入できます。1錠あたり15円ほどで買えるのでまさに激安価格です。

オオサカ堂は送料無料のため、クロミッドの商品代金以外の支払いは不要です。

クロミッドジェネリックについて、オオサカ堂には500件以上のレビューがあります。ほとんどの人が商品に満足しているので安心してお買い求めください。

クロミッドをオオサカ堂で格安購入する

クロミッドの口コミ評判・評価レビュー【2ch・5ch・Twitter】

2chユーザー

女性が使用する排卵誘発剤ですが、睾丸の能力が低下している男性が機能を回復させるために使用します。筋肉を増やすアナボリックステロイドのPCT(回復期間)には必須のアイテム。タモキシフェンと一緒に服用して、迅速に睾丸の機能を回復させるために必要な薬です。睾丸の機能が回復した後も継続して使用すると逆に精巣の機能が低下するため、様子をよくみて判断して使用しましょう。

2chユーザー

メダナボル(メタンジエノン)のサイクル終了後の合計3箱、約1ヶ月間服用しました。サイクル終了後3週間で睾丸の機能が回復し、1ヶ月が過ぎた現在では、元気すぎて困るほどしました。念のため長く服用しましたが、睾丸の大きさが回復したので効果があったと思います。

2chユーザー

非常に効果が高いです。蛋白同化ステロイドの使用後は、性機能が停止しますので、1週間近くEDになり精子も作られる気配はなくイライラしました。 クロミッドを服用して1週間、性機能が回復し精子も正常に生成できるようになりました。人間の体の神秘を感じました。

2chユーザー

自己テストステロンを増やすためにクリームを飲みました。30錠程度、約2ヶ月の使用です。その後、測定した結果、29.5pg / mlのと若年層の平均値の二倍も若年層のほぼ上限程度の値の自己テストステロン値になりました。男性更年期には外部からのステロイドを摂取する方法もありますが、これは自分のテストステロンを増加させてくれるので良いと思います。

2chユーザー

少し最近疲れがたまっているんだと思っていたが、この製品が目に入って試しに買ってみました。すると、最初の週は特に変化なかったのですが、今では最高です!朝すっきり起きれて意欲がわいてくる感じです。

2chユーザー

アナボリックステロイドのケア剤として購入しています。オキシポロン(オキシメトロン)のサイクル後半で睾丸萎縮を感じたので使用したが効果抜群です。若い頃のように濃いのがでるようになりました。

Twitterユーザー

アナボリックステロイドのために購入します。以前驚くほど睾丸が縮小したが、これを続けて服用すると元に戻りました。やはりステロイドにケア剤は必須だと感じました。

Twitterユーザー

オキシメトロンオフサイクルのために購入。月のサイクル終了直前股間の萎縮と胸のうずきが出てきたので、サイクルを終了させて​​、念のため2週間継続服用したが、一週間目くらいの服用で、元に回復した感じでした。クロミッドはオフサイクル中に必須だと考えています。

Twitterユーザー

ステロイドサイクル後の自己テストステロン再生のために購入しました。ステロイド摂取時の必需品です。「そんなの必要ない」という人もいますが、ケア剤を甘くみてはいけませんよ。

Twitterユーザー

オキシポロン(オキシメトロン)のケア剤として購入。サイクル後1ヶ月、1日1錠服用で下半身のエネルギーがいつものように戻ってきました。次のサイクル時にリピート予定です。

Twitterユーザー

メダナボルのケア用に買いました。10錠入りの箱で1ヶ月分(3箱)購入しました。1錠飲んで出かけますが、アンドロゲンが放出されているのがわかります。まだオフサイクルははじめての経験ですので、体調の変化に注意を払ってクロミッドの使用方法を判断しようとします。

もっと参考になるクロミッドの口コミを読む

クロミッドとは?

クロミッドは、卵巣が正常に機能していないために排卵していない(無排卵として知られている状態)ために妊娠に問題がある女性の不妊治療に使用されます。クロミッドは卵巣の正常な機能を回復させ、卵子が成熟して放出される(排卵)ことを可能にし、その後受精させることができます。

また、経口避妊薬や多嚢胞性卵巣症候群を含むいくつかの原因により、不規則な排卵や無月経を持つ女性の正常な月経周期を回復させるために50mgのクロミッドが使用されています。

クロミッドは、精子数が少ない男性の精子産生を増加させることによって男性の不妊症を治療するためにも使用されます(ただし25mgの低用量でのみ)。

クロミッドの効果について

クロミッドは選択的エストロゲン受容体モジュレーターであるクロミフェンを含み、視床下部(脳コントロールセンター)のエストロゲン受容体に結合し、エストロゲンの負のフィードバック作用を防ぎます。

エストロゲンレベルが低いと視床下部が刺激されて性腺刺激ホルモンが産生され、これが排卵に必要な下垂体からのFSH(卵胞刺激ホルモン)およびLH(黄体形成ホルモン)の放出を刺激します。卵巣の卵胞の成長そして成熟を刺激することによって働きます。

卵胞が完全に成熟すると、それは破裂して卵子を放出します。これが排卵です。黄体と呼ばれる成熟した破裂した卵胞もホルモンプロゲステロンを産生します。そして、それは子宮内膜(子宮の裏地)が受胎の準備ができているのを助けます。

クロミッド錠50mg中のクロミフェンは、エストロゲンレベルが低いかのように体を反応させ、ホルモンの不均衡を回復させ、排卵に至る過程を「開始」します。クロミフェンの作用により、一度に複数の卵子が放出されることがあり(複数の排卵)、双子の可能性が高まります。

不妊治療への効果

クロミッドは、下垂体からのFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の産生を増加させることによって、排卵の欠如によって引き起こされる女性の不妊症を治療するために使用されるクロミフェンを含みます。

卵巣の卵胞の成長そして成熟を刺激することによって排卵および働きに必要とされる。クロミッド錠50mg中のクロミフェンは、視床下部(脳コントロールセンター)のエストロゲン受容体に結合し、エストロゲンレベルが低いかのように体を反応させ、ホルモンの不均衡を回復させ、排卵に至る過程を「開始」します。

クロミッドの副作用

クロミッドは一般的に忍容性が高く、副作用は通常高用量の服用に関連しています。クロミッドを服用しているときに最も多く報告されている副作用には以下が含まれます。

顔面紅潮、軽度の腹痛または不快感、鼓脹、卵巣肥大の視覚的ぼけ。

あまり頻繁に報告されていない症状には、

吐き気や嘔吐、神経質な緊張感、鬱病、疲労感、めまい、ふらつき、月経周期の悪化、月経内斑点(出血)、体重増加、じんましん(じんましん)、アレルギー性皮膚炎、頻尿および中程度の可逆的脱毛

などがあります。

注意点

次のような場合は、クロミッドを使用しないでください。

  • 妊娠中(クロミフェンは先天性欠損症を引き起こす可能性がある)
  • 肝疾患がある
  • 異常な子宮出血がある
  • うつ病
  • 拡大した卵巣または卵巣嚢胞

クロミッド使用方法・服用量

あなたは月経周期の5日目から始めて、5日間、毎日同じ時間に食物の有無にかかわらずあなたのクロミッド錠50mgを一日一回服用しなければなりません。

あなたが治療の5日後に排卵していないならば、あなたの医者は別の治療サイクルを推奨するかもしれず、あなたの服用量は増加するかもしれません。

あなたは5日間の完全な治療サイクルの間、あなたのクロミッドタブレット50mgを飲むべきです、これは排卵が達成されていない場合、繰り返されるかもしれません。

あなたはそれが次の用量を服用する時間でない限り、あなたが覚えているとすぐにそれを服用するあなたのクロミッド錠50mgの用量を忘れた場合は、その後、逃した用量をスキップしてください。二重服用しないでください。

参考文献

正常男性における加齢が生物学的に利用可能なテストステロンおよび黄体形成ホルモン分泌に及ぼす影響:クエン酸クロミフェンに対する反応

J Clin Endocrinol Metab. 1987 Dec;65(6):1118-26.

男性における血清テストステロン (T) レベルは年齢とともに低下するが,RIAにより測定される血清LHレベルは増加する。健康な高齢男性における血清Tレベルの低下が,生物学的に利用可能なTの非性ホルモン結合グロブリン(スッ)結合画分の年齢に関連した低下と平行しているかどうかを評価し,LH分泌の年齢に関連した変化またはT産生のLH制御があるかどうかを決定するために,29人の若年(22~35歳)および26人の高齢(65~84歳)健康な男性を研究した。

全ての男性は単回無作為血液試料を採取し,各年齢群の14人の男性はクエン酸クロミフェン(定格)投与の7日前と7日後の両方で24時間頻繁に血液試料を採取した。平均24時間血清総Tレベルと非SHBG結合Tの両方は,若い男性のそれらと比較して高齢男性で低下したが(0.05未満のP),エストラジオールとSHBGレベルは2つの年齢群で同様であった。

RIAとLHによるRIAとバイオアッセイで測定した血清FSHは,若年男性と比較して高齢男性で高かった(0.05未満のP)が,免疫反応性に対するLH生物活性の比およびLHパルス頻度と振幅は同様であった。CC投与後,若年男性における平均血清総Tと非SHBG結合レベルは,それぞれ100%と304%増加したが,高齢男性では,これらの値は,それぞれ32%と8%のみ増加した。しかし,CC刺激LHパルス特性およびエストラジオール,SHBG,FSH,生物活性および免疫反応性LHの血清レベルは2群で類似していた。

このように,ベースラインとCC刺激後の両方で,高齢男性は,生物活性LHレベルと免疫反応性LH比およびLHパルス特性が類似または増加しているにもかかわらず,若い男性よりも血清総Tおよび非SHBG結合(生体利用性)Tレベルが有意に低かった。

これらの結果は、視床下部-下垂体-精巣軸における加齢に関連した主要な変化が精巣のレベルで生じ、生物活性LHへの反応性の低下によって明らかにされることを示唆している。

男性におけるクエン酸クロミフェンの作用部位:下垂体-ライディッヒ細胞軸の研究

J Clin Endocrinol Metab. 1967 Nov;27(11):1558-64.

100~200mg/日のクエン酸クロミフェンを6~9日間投与すると、14人の正常男性の下垂体-ライディッヒ細胞系が刺激されたことが、それぞれ2および6日後の血漿LHおよびテストステロン濃度の上昇によって証明された。

クロミフェンの6日後,LHレベルは160%増加し,テストステロンレベルは80%増加した。血漿テストステロン濃度の上昇は血中からのこのステロイドのクリアランスの低下よりもむしろテストステロン分泌の増加によるものであった。クロミフェンは、合成アンドロゲンであるフルオキシメステロンでこれらのホルモンが抑制された男性のLHおよびテストステロン濃度に影響を及ぼさなかった。

下垂体機能低下症の男性では、クロミフェンは血漿LHを増加させず、テストステロン分泌を刺激しなかった。クロミフェンはLH放出を誘導することによって男性の下垂体-ライディッヒ細胞軸を刺激する。クロミフェンは下垂体前葉のLH分泌能の評価に臨床的に有用である。

クエン酸クロミフェンを投与した尿毒症男性における血漿テストステロン値の回復

J Clin Endocrinol Metab. 1976 Dec;43(6):1370-7.

慢性腎不全でアンドロゲン欠乏を示唆する症状のある男性五人に、クエン酸クロミフェン(クロミド)100mg/日を5~12ヵ月間投与した。

この治療により、性欲、性的能力および全般的な幸福感が一様に増大した。循環テストステロンは223±-164から879±-171ng/dl(SD)に上昇し,平均増加率は290%であった。治療前の平均血清黄体形成ホルモン(LH)および卵胞刺激ホルモン値は,76±-40および143±-85ng/ml(SD)であった。治療中,LHとFSHの両方は,それぞれ518±-302と787±-291ng/ml(SD)に劇的に増加した。血清ゴナドトロピン値はともにng/mlのLER907として表されるが、これらの被験者の精子形成に対するクロミフェンの影響は、改善または悪化のいずれかが生じたため確定的ではなかった。これらの5人の患者では,血清プロラクチン値は全研究期間を通じて一貫して正常範囲であったため,精巣機能とはいかなる関係もなかった。

しかしながら、血清総エストロゲンは全例で上昇していた;尿毒症における性腺機能障害に関連するこの高血中エストロゲンの意義は、現時点では明らかではない。しかし,循環アンドロゲンの正常化は患者に有益であり,長期クロミフェン治療は下垂体ゴナドトロピン分泌を増加させ,精巣ホルモン産生を二次的に刺激することによりこの目標を達成することを見出した。

若年性性腺機能低下症男性におけるクエン酸クロミフェン治療の転帰

Am J Physiol Endocrinol Metab. 2006 Mar;290(3):E530-9. Epub 2005 Nov 1.

以前の研究は,Duchenne型筋ジストロフィー(DMD)に関連する進行性で容赦ない筋肉損失が,筋肉蛋白質の合成と分解の速度の間の不均衡を含むことを示した。以前の研究は,オキサンドロロンがDMDに有益であることを示唆したが,DMDの筋肉に対するオキサンドロロンの作用機序は不明である。これらの問題に取り組むために,著者らは安定同位体研究と遺伝子発現解析を組み合わせて,オキサンドロロンによる治療の3か月前後のDMD小児四人におけるミオシン重鎖(MHC)の分画合成速度,主要な筋収縮蛋白質,MHCアイソフォームの転写産物レベル,および全体的な遺伝子発現プロファイルを測定した。

L‐[U-(13)C]ロイシンの初回6時間持続注入の過程で,オキサンドロロン(0.1 mg.kg(-1)。日(-1))による3か月治療の前後に,二回の別々の機会に,ガストロクス筋生検と血液試料を採取した。マイクロアレイとRT-qPCRを用いて遺伝子発現解析を行ったところ、MHC合成率は42%上昇し、この上昇の少なくとも一部はMHC8に対する転写産物のアップレギュレーションに起因していた(周産期MHC)。

遺伝子発現データは,おそらく筋肉変性の減少のため,オキサンドロロン治療の結果として筋肉再生の減少を示唆した。これらの知見は,1) オキサンドロロンが重要な収縮蛋白質に対して強力な蛋白質同化作用を有すること,および2) これらの変化がこれらの患者に対する有意義な治療に変換されるかどうかを決定するために,より大規模で長期の研究が必要であることを示唆する。

結果:
患者の平均(標準偏差[SD];範囲)年齢は29(3;22-37)歳であった。不妊症が治療を求める最も多い理由であった(64%)。CC治療の平均(SD)期間は19(14)か月であった。最終評価時に、男性の70%が25mgのCCを隔日で使用しており、残りは50mgを隔日で使用していた。すべての平均テストステロンおよびゴナドトロピン測定値は治療中に有意に増加した。

主観的には、ADAM質問票のすべての質問項目(高さの損失を除く)で改善がみられた。半数以上の患者で少なくとも3つの症状が改善した。・大きな副作用は記録されず、精索静脈瘤の存在はCCに対する反応に影響を及ぼさなかった。

結論:
HGに対するCC治療の長期追跡は,妊孕性の温存を望む男性において,HGがテストステロン補充の効果的で安全な代替法であることを示している。

二次性性腺機能低下症を有するインポテンツ男性における内因性テストステロン濃度上昇作用:クエン酸クロミフェンを用いたプラセボ対照二重盲検試験

J Clin Endocrinol Metab. 1995 Dec;80(12):3546-52.

続発性性腺機能低下症は,勃起機能不全を主訴とする高齢患者におけるまれな異常ではない。男性の性欲および勃起機能の媒介におけるテストステロンの役割のため、これらの患者は通常外因性テストステロンで治療され、外因性テストステロンは循環アンドロゲンを上昇させる一方で視床下部-下垂体軸からのゴナドトロピンを抑制する。

この治療法の反応は、一般的な文献では称賛されているが、性機能の回復や改善には通常効果がない。この反応の失敗は、ゴナドトロピンの抑制、またはこの患者群における性機能と循環アンドロゲンとの間の因果関係の欠如の結果である可能性がある。さらに、外因性テストステロンは前立腺疾患のリスクを潜在的に増加させるため、求められる利益、すなわち性機能の増加を確実にすることが重要である。

この質問に答えるために,二次性性腺機能低下症を有することが見出された勃起不全患者17名においてホルモンレベルを測定し,性機能を検討した。この二重盲検プラセボ対照交差試験では、クエン酸クロミフェンとプラセボをそれぞれ2ヵ月間投与した。

著者らの以前の観察と同様に,LH,FSH,および総テストステロンと遊離テストステロンのレベルは,プラセボに対する反応よりもクエン酸クロミフェンに対する反応において有意な上昇を示した。しかしながら、アンケートおよび夜間の陰茎の腫脹および硬直の検査によってモニターされた性機能は、より若く健康な男性におけるいくつかの限られたパラメータを除いて改善しなかった。

その結果,外来患者ベースで男性に機能性二次性性腺機能低下症が存在する可能性があることが確認されたが,ホルモン状態の相関は関連する勃起機能不全を普遍的に正常に戻すわけではなく,従って性腺機能低下症と勃起機能不全の間の原因と効果の関係の主張をより詳細に精査する必要がある。

クロミフェンは,続発性性腺機能低下症と勃起機能不全の両方がある男性の遊離テストステロン濃度を上昇させますが,どのような人に効果がありますか?

Int J Impot Res. 2003 Jun;15(3):156-65.

続発性性腺機能低下症は原発性性腺機能不全よりも一般的であり,慢性および急性疾患でみられる。テストステロンは勃起に関与するが,勃起不全(ED)における重要性については議論の余地がある。

下垂体ゴナドトロピンの機能的抑制によって生じる性腺機能低下症は,クエン酸クロミフェンでは改善するが,性機能にはわずかな影響を及ぼすことが示されている。治療期間が長くなれば効果が上がるのではないかと考えた。

二次性性腺機能低下症およびEDの合計178人の男性がクエン酸クロミフェンを4カ月間投与された。性機能は75%で改善し,25%では変化がなかったが,黄体形成ホルモン(P<0.001)と遊離テストステロン(P<0.001)の有意な増加が全患者で生じた。多変量解析は,応答が加齢と共に有意に減少することを示した(P<0.05)。

反応の低下は、糖尿病、高血圧、冠動脈疾患、および複数の薬物使用を有する男性においても生じた。これらの病態は加齢とともにより一般的になるため,慢性疾患は性機能障害のより重要な決定因子となりうる。不安関連障害を有する男性はテストステロンの正常化により良好な反応を示した。

アンドロゲン状態の評価は全てのED患者で実施すべきであり、テストステロンをクエン酸クロミフェンで正常化することを目的としたテストステロン治療が、年齢をマッチさせた正常値よりも低い患者では、アンドロゲンサプリメントの代替として実行可能である。